マンション漏水補修(中野区)

原因が給湯管(お湯の管)だと判明し、配管の修理をおこなうことになりました。
マンションの給湯給水配管はその建てられた年代により、少し古めのマンションになりますと、
下階の天井裏に配管が通っていることがあります。

今回のマンションも上階の配管が下階の天井裏を通っているというケースでしたが、
この場合の修理方法として、
  1.下階の方の天井を破り修理する方法
  2.上階の給湯配管のみを新規で引きなおす方法

この二つの修理方法が考えられます。

今回のケースでは、下階での工事をなるべく避けるため、また、年代から考え、いつまた
別の場所で漏水が発生するかわからない、この二つの理由から新規に配管を通しなおす
という方法を選択いたしました。

この方法の方が一見大袈裟なように聞こえますが、実際の工事コストは安くなり、工事日程
も短くすることができます。

ただ、配管を隠ぺいすることが難しいため、化粧管を室内に這わせることになりますので、
見栄え的に嫌がる方もいらっしゃいます。
修理方法はケースバイケースということになるかと思います。
e0185690_7502767.jpg

e0185690_7504412.jpg

e0185690_7511830.jpg


工事期間は2日間、施工代金は10万円台となりました。

住宅リフォーム、マンションリフォーム、リノベーションのご相談はぜひ村澤工務店まで。
by murasawakoumuten | 2009-12-26 07:53 | マンションリフォーム